RSS | ATOM | SEARCH



中国企業からの問い合わせから分かること
中国の企業は知り合いの紹介やホームページ上から
知ることも少なくないが、
最近また中国企業からホームページ経由での
「御社の仕事お引き受けします」というような連絡が増えている。


その問い合わせ内容からある程度、その会社の資質を見抜ける方法は
ないものかと考えてみた。

まずはあてにならないメール内容から

■日本語について
送られてきたメールの文面を見ると日本語の質が分かりそうだが
実はそうでもない。こういう文章は文法的にも完成度が高い。
というのも、恐らく「日本企業向け営業」用メールと思われ、
実際にその担当者と会ってメールのやり取りをすると
化けの皮がはがれることが多いから。
あとIT系業務をしているなら問い合わせフォームにある
改行の使い方にも意識して欲しいと思う。


■問い合わせ先企業の理解度
これは悲しくなるほど少ない。
文面からうちの会社だけに書いた内容には見えないし、
IPアドレスからログを追っていくと、
検索エンジン→トップページ→問い合わせページ
と、そのページ参照時間からもいうことからもはっきりしている。


■提案内容
上記の理解度と関連するが、提案内容は超一般的である。
実例↓
「異なるオペレーターによる2度の入力とベテランによる
コンペアチェックする方法で正確率は99.97%-99.995%までに達成しました。」

残念ながらお願いしたいと思うような内容にはなっていないし、
こちらが欲しいと思えるような情報まで
踏み込んで記述したほうがいいように思う。


■致命的間違い
先日の中国企業は直接中国西安から電話が来た。
その後メールをもらうことになっていて、実際に届いたが
宛名が他の日本企業名になっていた。


これらは外国だからという点もある一方で、日本でも起こりうることかも
しれない。


例えばこういう情報ならいいかもしれないと思う。
・どのような連携ができるのか(ファイル受け渡し、窓口担当者)
・過去の実績詳細
・単価

などなど。
ただ、書いてて思ったが、私のところは既に中国企業と
ガンガンやっているので初めて連携するような日本企業とは
求める点が違うかもしれないが。


いずれにしても最終的にはALL-WINに越したことはない。

まとめ方が悪いが以上。


大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:中国とビジネス, 15:30
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://china.global-wing.com/trackback/1130123