RSS | ATOM | SEARCH



中国外注企業の見積もりは厳しい?
中国を外注先としている日本業者には、
元高の影響もあり内陸や別の国に委託先を移すところもあるようだ。

でも、実は大連でもまだまだ問題なかったりする。


日本案件実績のある企業は高い。
条件も厳しいのでちょっとした仕様変更にも敏感でその都度、
工数や作業負荷の話を持ち出される。
(これは作業の「余白」を含んだ想定で考えてもらうことが
少ないことも影響している)

だが、その一方で、売り出し中の現地企業はそうでないことが多い。
だが、更にその一方で、思うようにならないこともある。
今日はそんなお話。


先日、ある中国企業に見積もりの依頼をしたとき、
ちょっと困惑したやりとりがあった。
これは私のスタッフと現地企業との交渉を行った。

以下はそのスタッフと現地企業社長の会話(私の想定含む)
※ちなみに見積もり単価は弊社の許容範囲50円前後

ス「あなたの会社はこの作業ができるか?(サンプル提示)」
社「できる」
ス「今回の精度は99%だが問題ないか?」
社「問題ない」
ス「1件いくらだ?」
社「精度99%ならば1件500円」
社「ただし、もし間違えが一件でもあれば全額不要」


このような流れだったようだ。
そもそも見積もり提示の単価が無茶苦茶なのと、問題は「精度の条件」だ。
「99%」は精度としてはかなり低い。
それを「精度99%ならば・・・」って感じである。
100件作業すれば1件間違いがあるということだ。

そもそもこの業者は通常何パーセントでやっているのか疑問だ。
だから結果論だが、質問の仕方として始めに

ス「お宅は作業の精度どれくらいか?」と聞いていれば

多分経験上、99.5%とか100%と言っていたと思う。
従い結果的にも金額提示額も違っていたと思うのである。

だが、これでいいのか、というと良くない。


こちらの業者にはそれきりとなったが、
安すぎてもある意味危険だし
このようなことがあっても難しいし、大変である。

それでも、私の感心、興味は尽きない。

大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:中国とビジネス, 11:40
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://china.global-wing.com/trackback/1197837