RSS | ATOM | SEARCH



在日中国人学生の日本語レベル
先日、10人程度の中国人の学生に30〜40分のミニ講演を行った。

専門学校の学生で、その学校の先生から
知り合いの方を通じて依頼を受けた。

内容は私が中国人と一緒に仕事をしていることで
起こった問題やその対応、日本語の表現などについて行った。

ただ事前に学生の日本語レベルを確認していたわけではなかったので
少し心配だった。

始まってすぐに「日本語はどのくらいできますか」、
「日本語検定は何級ですか?」などと聞いてみると
気まずそうに誰もが下を向いてしまった。
う〜ん、ちょっと嫌な予感。。。


私は人数が少ないと学生に問いかけを行いながら話をする。
はじめに肩慣らしで日本で多い苗字ベストテンをしたら
学生のみんなは結構知っていし、答える。
これならということでいつものペースで進めたのだが、
ほとんどの学生が私の日本語を理解していた。

彼らが日本に来てからどれくらい経過しているのかわからない、
また日本語検定は日本人でも難しいと思える問題や
実務的でない言い回しもあるから、
日常会話レベルでは十分なスキルを持っていることに驚いた。

既に大半がアルバイトしているようで、
日本語は日常会話なら理解できているのだろう。
何より机上で学ぶだけでなくアルバイトをしていること自体で
得られる経験も大きいと思う。

中国で講演した学生と比べ理解力は在日の学生の方が高い。
ある意味当然だが、その開きが大きいことは驚いた。

大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:日本での出来事, 15:01
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://china.global-wing.com/trackback/1407110