RSS | ATOM | SEARCH



タクシーに絶対に乗るには
前回でも困難だったが、それは今回も変わらずである。


仕事が遅くなり、その後、バドミントンの会場に向かう際にタクシーを
捕まえようとしたときのこと、全然捕まらない。

前回はホテルの人に頼んで、捕まえてもらったので
同じように頼んだが「無理だ」と断られた。
今回の行先は交通大学の方で自分で捕まえた運転手は軒並み「NO」。

「なにお!」と前回の経験を踏まえ、降りてくる乗客と
入れ替わるように助手席に乗り込み、場所を運転手に告げる。

「だめだ!」と断られても、そのまま居続ける。
1分以上粘ったもの、運転手が悪い方にテンションが上がったようで断念。

こちらも約束の時間が刻一刻と迫る中というか既に過ぎていたが、最後の手段を講じた。
それはチップだ。

チップをほのめかした途端、運転手の態度が文字通り一変した。

この時間帯で離れた場所に行くのに
まともにタクシーを捕まえるのはもはや不可能だということを悟った。
大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:大連市内をブラブラ, 17:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://china.global-wing.com/trackback/1465196