RSS | ATOM | SEARCH



外国人に「概念」を伝える難しさ
言葉が通じない外国人に概念的なことを教えることはすごく難しい。

これは説明する側のスキルと説明を聞く側の賢さの両方に関係すると思う。

私の場合は作業の流れとか、イメージを伝えたいときに
よく例え話をして、説明することが多いが、私の説明方法の問題もあると思うが、
うまく伝わらないこともよくある。


例えば、「担当が不在になり業務が止まることによる影響具合」ということを話したいとき、

私「例えば、もしAさんが、交通事故を起こすと・・・」
A「大丈夫デス!私ハ車乗らないカラ・・」

という展開が起こることがある。では

私「わかった。そうですね。例えば、じゃあもしAさんが、病気で入院・・・」
A「これも大丈夫ネ(笑)、この10年病院行ってイナイです。」

「オイオイ、ちょっと待てよ」と言いたくなり、
私の頭に血流が激しく昇ってくる。

こうなると例え話が横展開していき、本来伝えるべきことが
曖昧になってしまうこともある。

相手とある程度の交流が持ててくると、この問題は互いに回避できるのだが、
会って間もない外国の人達だとこういうことが起こり得るので
工夫が必要になる。


真意を伝えるコミュニケーションを取ることは難しい。
大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:中国とビジネス, 12:33
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://china.global-wing.com/trackback/1553295