RSS | ATOM | SEARCH



電車対車
大連は自転車で移動する人が少ない。
以前に上海に行った時はすごかったがここでは本当に少ない。
何でも坂道が多いとか・・

だからか分からないが、自動車が多い。


先日の大連で不思議な体験をしたのでここで記しておきたい。


<その1>
運悪く道が渋滞で線路付近にいたときのこと。
既に使用されなくなっていたと思っていた線路上で貨物電車が走って来た。

「ま、まじかよ!?」
直感で心の中で叫んだ。なぜなら踏切がないのだ。
普段は全く意識したことなかった分、強烈にあせった。
今回は運良く線路上から移動できたので助かった。





<その2>
ある夜、友人の車で移動中だった。
少し小さめの電車だったが、今回は<その1>より状況がシビアだ。
我々は線路の真上だ。よく見たら電車が10メートル先の距離にいて
こっちに向かってきた。
しかも今回は前方と後方に車あり。非常に残念だがタイミングばっちりだった。

「ま、またまじかよ!?」

と思った瞬間は諦めていた。
だが、、


だがなんと電車が我々の手前で止まったのだ。
運転手に助けられた、と思ったとき、私の真剣顔を見ていた中国人の友人が
「車いるときは電車が止まる仕組みですカラ大丈夫ヨ!」

「・・・」

そう、ここ大連では?線路上に車がいると電車の方が止まってくれるのだ。
よく見ると確かにスピードが遅い。

だが、日本とは違う特性にこの日も驚きつつも興味深い一日を過ごせたのだった。
大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:中国とビジネス, 21:18
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。