RSS | ATOM | SEARCH



中国企業の面白かわいい!?日本語
昔書いていた記録に興味深いのがあった。

今は付き合いない企業であるが、
以下はその企業たちとのやり取りのメールである。
メールで使用する言葉は日本語。日系企業と付き合いのある
大連の中国企業のほとんどが日本語を公用語としていると思う。

興味深いのは文法的な間違いというより、日本語の表現の仕方である。
以下参照されたい。


■その1■
また、日本語か、英語かについて、本当にご迷惑掛けました、
すみませんでした。昼間のとき、日本語でお願い致します。
深夜になると、日本語で書くのは大丈夫が、しかし、私の返事は英語に
なるかもしれません。ご迷惑の所、恐縮です。許してください。



■その2■
> 尚、前回のメールの質問の回答を頂いていませんので
> お願いします。

回答していなくて、悪かった。すみませんでした。



■その3■
申し訳ございませんが、まだ不明な原因で
サーバが切れちゃったみたい。
再び接続しましたが、新しいIPアドレスは下記の通りでございます。



■その4■
これからも、こちらはこのよな固定な設定しないように、
技術上にいい解決方法を探します。出来ましたら、連絡いたします。

以上、失礼な所、よろしくお願い致します。



---
私の経験上、日本語の文法が間違えていることはリスクにならない。
だが、結構気にする中国人が私の回りは多い。

大事なのは互いに同じレベル、目の高さで
認識や理解しているかどうかだと思う。



大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:中国と日本語, 12:54
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。