RSS | ATOM | SEARCH



偽物のお札の騒ぎ
中国の100元札を見ていたら、ふと過去にあった出来事を思い出した。


もう2年前のことだが、現地の大学の先生と昼食をしていたときのこと。

先「何が食べたいですカ?」
私「日本食が食べたいです」


そういって市内にあるitokinへ案内してもらった。
名前は忘れたがそこにあるレストランの一つに入った。


食事をしながら色々と話しをしていると、
別のテーブルから、勢いのある怒声が響き、
私達を含め一斉にそちらを向いた。


どうやら店員と客の間でもめている模様。
客が大きな声で叫んでいる。

一緒に食事をしていた先生が言うには
「アノお客さんはお金について話していますネ」

「そうですか、何て言っているんですか?」
「ハイ、このお金は本物だって言っていまス」

らしい。どうも会計で店員が店にある機械でチェックしたところ
偽造反応が出たらしい。

それから5分程度客は怒鳴り声を上げていたが、
諦めたのか、別の100元を渡していた。

店員は無表情で受け取り、支払い完了。
そして客は店を出た。



って、日本だったら警察来ているんじゃ。。。





100元札を見ていて、そんなことを思い出した。



大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:大連市内をブラブラ, 01:16
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://china.global-wing.com/trackback/937952