RSS | ATOM | SEARCH



機内食はどこがおいしいのだろうか?
大連に行くにはいくつかの航空会社が利用できる。

それぞれ、いいところと悪いところがあると思う。
例えば中国系は中国人向け?の時間帯でフライト発着だし、
日系はその反対である。

私が成田-大連便で搭乗するのは値段重視なので中国系が多い。
フライト時間が短いのでそれほど気にならない。
だがそれでも、サービスが充実しているほうがいいに越したことはない。



特に機内で出る食事でそう思う。
私がおいしいと思ったのはANAである。
ANAに搭乗する回数は少ないが、
その分乗るたびに(機内食以外にも)色々改善されていると思われる。

以前、ANAで男性のフライトアテンダントに機内食について聞いたら、
フライトアテンダント自身も試食するそうである。
なるほど、どうもおいしいことにはそれなりの理由があるようだ。

逆に中国南方航空で出た食事は個人的には好きになれなかった。
ボイルされた?海老か何かが出ていたが、手も汚れて味もイマイチだった
記憶がある。今は分からないが。

思った以上においしかったのが大韓航空である。
ちなみに大韓航空だとソウル経由で面倒だが、ノースウェストだとマイルが
成田-大連の直行便よりも溜まる。また大連着時間が昼過ぎで悪くない。


機内食は飛行に乗るときのささやかな楽しみだ。

大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:-, 16:59
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://china.global-wing.com/trackback/988252