RSS | ATOM | SEARCH



中山ホテルに宿泊した感想
先日中山ホテルに泊まった。
本当は違うところに止まる予定だったが
外国人お断りとのことでここに宿泊。
300元ちょっとで宿泊したが
日本人が申し込むと少し高いとの事。
中山ホテル




ここのホテルは2回目だが、朝食が結構好き。
38階にあり、見晴らしのいい中での食事は気分がいい。

あとさりげなく良かったのが、部屋の電源。
電源

部屋のキーを抜いてもここの電源は使えたので
パソコンの電源を入れたまま外出しても問題ない。
だがその一方で使えないコンセントもあったのはちょっと
いただけなかった。
24時間の電源は確か民航ホテルも同様だったと思う。


浴室のシャワーが温度を最高にして浴びても絶えうる熱さで
勢いもいまひとつだった。
(民航は強かった記憶あり)

大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:大連ホテル, 14:30
comments(0), trackbacks(0), - -
奥利加尓ホテルで宿泊 2
3回目の宿泊となった。

こちらのホテルはきれいだが
結論から言うと、私の生活様式には適していないと思った。

既に以前にも書いているが、
まず両替ができないことが多い。

近くに中国銀行ができたが、こちらに行くよりもレートが同じなら
ホテルでできたほうがよいのだが、「できない」といわれることが多い。
その理由を聞いても「分からない」というが、私が理解できないだろうと
いうことで言ってないだけかもしれない。


今回はロフト付きではなく、普通の部屋に宿泊した。
ロフトは見栄え的にはいいが、実際に降りたり上がったりするのが
結構面倒だったので変えた。

ただ、部屋を変えても排水溝自体の水はけがとても悪く、
シャワーを流しているとすぐに水が溜まってしまう。


あとはやはり市内に行くにはちょっと距離がある。
今回はタクシーがなかなか捕まらないので少し時間をロスした。
同様にタバコ1つ買うにしても、ホテルの売店は高いのだが、
近くにない。少し歩くとあるが、冬場はきつそう。

電源についてもやや不便さを感じる。
確か民航ホテルでは、部屋の鍵を抜いてもデスクの電源は
入りっぱなしでこれが役に立っていた。
というのも私はノートPCを起動したまま外出することがあるのだが、
このときに部屋のキー(カード)を抜くと、バッテリー切れを起こして
使いたいときに使えなくなっていることがあるからだ。
(こんな使い方は稀かもしれないが)

空港からも少し近いし、サービス自体は決して悪くない(普通)と思うが、
こんな感じからして次は別のところを考えている。
大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:大連ホテル, 13:30
comments(0), trackbacks(0), - -
奥利加尓ホテルで宿泊
先日、奥利加尓ホテルに宿泊した。

こちら4つ星ホテルで、最近出来たのかきれいなホテル。
日本語の話せるコンシェルジェもいて助かるが、
毎日はいない模様。

2度目の宿泊で幾分慣れた。
空港からは20分弱で着いた。
ちなみに空港からのタクシーで若い女性運転手だったが
私のスーツケースを出す前に走り出し、けっこう驚いた。

中山路を市内とは反対に5分くらい歩くとレストランや雑貨店もあるが、
分かりづらい。


今回宿泊した部屋がきれいだったので写真に撮った。
部屋の中1

部屋の中2

写真にあるように、この部屋はロフト付である。
実際に使ってみると豪華で有る一方で結構上り下りするのが面倒だった。
料金は一泊330元前後だったと思う。
今回はどういうわけか両替が一切フロントで出来ないと言われ困った。
いつできるのかの質問にも「分からない」の回答のみ。。。


またコンセントを入れても電気が入らなかったり、シャワーの排水が
良くなかったりした。
全てのコンセントが使えなかったわけではないので、特に影響を
受けなかった。
またインターネットもDHCPでそのまま使えた。
民航ホテルなどではセキュリティ上?一度ログインボタンクリックさせられるが
その手間もなかった。
ただ印刷はフロント横にある小さい部屋?でできるが、なんと一枚10元という。


朝食はバイキング形式で、ごく普通だと思う。


ホテルの場所的に駅のほうに行くにはタクシーが必要となるが
ワンメーターで行ける。
ホテルには日本人向けの情報誌が無かったように思う。

不思議なのは部屋に戻るタイミングでマッサージの電話があること。
もしかしたら私が部屋にいない時も電話しているのかもしれないが、
多分何らかの方法で私が戻ったことを確認しているのではないかと思う。


大連情報のブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
author:gw-china, category:大連ホテル, 12:27
comments(1), trackbacks(0), - -